スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
web拍手 by FC2

加納さん黒バージョン

2016-10-28 01:43






あああーーーー…。
BL小説に疎い方なんですが、花郎藤子さん…って有名?
きっと有名なんですよね…?
初めて読んだのですが、「禽獣の系譜」すごかった。
四半世紀前の作品なので、ヤクザBLというよりは任侠耽美小説という感じなのかな。
私の苦手な弱々しい薄幸の美少年が主人公だったので最初はイライラしながら読んでいたのですが(文章は上手いのでその点ではストレスはない)、ラストに向かって彼が冴え冴えと硬化していく様が、もう哀しくて美しくて号泣しました。
キャンペーン中だったので電書で購入したのですが、紙の本でも欲しくなってしまいました。

同じく花郎さんのヤクザBL「黒羽と鵙目」シリーズ。
受攻の少年院時代と16年後の再会を描いた1巻冒頭話はかなりアダルティでしたが、全体を通してはコメディタッチで楽しく一気に読むことができます。
(9巻は「とりあえずお前ら結婚式をあげろ」と言いたくなる感じで一区切りついているんだけど、もっと読みたい!)

ツンデレ男前受けの美形バーテンダー・鵙目がかっこいいですよ。
(レバーブローする受なんて初めて見た。強いwww)
最初は無自覚の男殺しだったのに、途中で自覚しつつ恋人以外の美青年に対して攻気質を発動するなんて、どんだけ男殺しなのかと身悶えしました。
鵙目は黒羽(ヤクザの執着攻め)に無理やり2種類の身体改造をされてしまうのですが、普通なら痛々しくて可哀そうに思えてくるところなのに、あまりに鵙目が男前すぎるので、2回目の改造については「あー、君ならきっと、それが役に立つこともあるんじゃないかな、うんwww」と笑い転げました(下ネタ)。

さあこれから再読しようかな!
スポンサーサイト
イラスト 合田シリーズ | Comments(2)
web拍手 by FC2
Comment
ほぉ・・・
花郎藤子さんですか。私も読んでみたくなりました。アマゾンみたら、「禽獣の系譜」のコメントで、号泣、一生手放せないと書かれている方がいらっしゃって、ふむふむと思ったのですが、けっこう昔の本なんですね。本屋さんに置いてあるかな。
ネットを使うと、ダンナに腐女子であることがバレてしまうと思うので、本屋巡りというアナログな方法でなんとかしようと思うのですが・・・。でも、レジで恥ずかしい想いをするのもなあ・・・。(BLコーナーは、いつも、きゃー恥ずかしい~と足早に通り過ぎます。私のような初心者のために、表紙はもっとソフトなイラストにしてもらえないかしら。)
でも、頑張ろう!女優になろう!「これは、以知子さんに頼まれて買いに来たのだけれど・・・何か?」みたいな顔しよう!神様、仏様、以知子様!私に勇気をください!
とりあえず、途中下車して、本屋とブックオフに寄ってきます!んじゃ!
エッチシーンやら暴力描写やら
が結構満載ですので、ネットで購入しなかったとしても、そこらへんに置いて旦那様に気づかれないようにしてくださいね〜!!

電書だと挿絵が付いてなかったので、紙の本は一体どんなことになっているのか本当に心配です(笑)

でも「エッチシーン」と言うには憚られるような筆力の作品なので、是非みなさんに読んでほしいです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。