スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
web拍手 by FC2

不快にさせたらごめんなさい

2015-02-05 04:00
猟奇殺人事件について語りますので、苦手な方は読まないでください。
全てを無に帰すようなおちゃらけた私の性格が嫌いな方も決して読まないでください。




さっきネットで調べていたら、ザ・世界仰天ニュースでも取り上げられたことがあるということなのでご存じの方もいるかもしれないのですが、ジェイソン・モスという18歳の少年が、連続殺人鬼ジョン・ゲイシーと文通を始め面会に至るまでの経緯を綴った手記『「連続殺人犯」の心理分析』を読みました。

ダメージを受けるので、猟奇殺人についてはあまり知識を得ようと思ったことはありません。
「ロシアになんか殺人鬼いたよね、なんだっけ、チキチータ?」くらいの感じです。
あと、スティーブン・キングの『it』は映画も原作も読んだのに、あのピエロにモデルがいたことは今回初めて知りました。

何故この本を手に取ったかというと、これも十分に悪趣味ではあるのですが、ジェイソン・モスがその後自殺に至ったというので、どういった心の闇が彼を襲ったのか知りたかったんですけれども、悪夢にうなされるようになったエピソードなども盛り込まれているのですが、いかんせんジェイソン・モスが小説家ではないので(そして性格が苦手なタイプ)あまり心に響いてはきませんでした。

で、なんでわざわざこの本のことを書いているかといいますと、ジェイソン・モスはジョン・ゲイシーの他にもチャールズ・マンソンとか色々な殺人鬼と文通をしていたんですが、その中にジェフリー・ダーマーがいまして、ジェフリー・ダーマーは有名なのでしょうか?
よく分からないのですが、ジェフリー・ダーマーって美青年ですね!(爆)

あのですね、掲載されている写真のジェフリー・ダーマー、かっこよいのですよ…。
そして、小田晋さんによる前書きでは「男性を次々にアパートに連れ込み、殺害後にセックスをし、その人肉を食べて暮らしていた美青年」って、もう「美青年」って紹介されちゃってるのですよ…。

ジェイソン・モスは頭の良い少年なので、それぞれの殺人鬼に興味を持たれるような人物を演じて文通をするのですが(FBIに注目され最終的に就職するのが目的)、ジェフリーに請われて自分の写真を送ったところ、大喜びしたジェフリーは「次はこんなポーズでお願い♡」という感じで細かく写真の指示をしてきてですね…。(変態だ…。)
(変態なんだけども)言葉遣いがとっても丁寧で、恥じらいとかも感じられてですね…。


ーーーー手紙は、再度の写真リクエストに対してもう一度謝罪して終わっていた。
『申し訳ありません。決して命令ではありません。私はあなたに興味をもっただけです。こんなことは、めったにありませんでした!』ーーーー


実際、ジョン・ゲイシーはたくさんの人と文通していたのですが、ジェフリーはほとんど手紙を書かなかったそうなんですね…。


………だめだ、ジェフリーのこと可愛いと思っちゃったから、私が彼好みの男の子だったら食べられちゃっていたんだろうな…。
(ダメージを受けるので、ジェフリーが何をしたか詳しく知らないままにさせておいて下さいね…)
スポンサーサイト
雑記 | Comments(4)
web拍手 by FC2
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
ジェフリー・ダーマー、ググってみました。名前忘れてたけど、事件内容は知ってました。ダメですよ、顔につられてついていっちゃ(笑)。
「はじめて家に来た友達が帰るときに、一人になってしまうのが辛くなって殺した」という記述も見つけたのですが、そう思う気持ちは理解できても、そこから先の行為は、どうしても分からない。
ウチには、四半世紀前に買った「殺人紳士録」という写真満載のヤバい辞典がありまして、なぜ人を殺すのか知りたいと思って読んでみたのですが、動機が金でも色恋でもない殺人が3分の1くらいあって、やっぱ、わかんねぇや、っていうのが感想でした。
「深淵を覗く者は、また、深淵に覗かれる」という言葉もあります。多分、関わらずに済むなら、見ないほうがいいものも、この世には存在するのでしょう。

ところで、映画の「IT」。ラストシーンで、坂道を、奥さんと二人でチャリで下っていきますよね。あれがあるから、なんとか爽やかな気分で終われるのに、某テレビ局で放送されたとき、そこが丸ごとカットされていて、一緒に見ていたダンナは「ピエロが出てくるお粗末なB級怪獣映画」と認識してしまいました・・・。あ~あ。


Re: 笑
詳しくというのは、文字通り、あれより詳しくという意味です!!(笑)

あとがきのところ、すっかり忘れていたので読み返しました。
清水先生はたくさんの資料を読まれていたようなので、作家さんというのは本当にすごいなと感服です。

そして映画化の情報は初めて知りました!
キャストはまだ決まってないんですよね?
薪さんは若く見える設定を引き継ぐなら、神木くんがいいと思います!
神木くんの薪さんなら可愛いと思うのですが/////
Re: No title
日本の凶悪事件くらいはニュースで聞くだけじゃなくて、おさらいしてちゃんと知った方がいいかなと思ったことがあったのですが、ウィキの文字情報だけでも私はダメでした。
ホラー映画とか再現ドラマは全然大丈夫なんですけど、実録はキツいですね。
なので、申し訳ないけれど私は深淵は覗きません…。
(裁判員になることだけがとても不安です…!)
(と思っていたそばから、小学校の授業で例の人質事件の画像を無修整で見せたというニュースが飛び込んできてヒ〜〜ッ!! となりました…。)

あと、「殺人紳士録」でなはいですが、子供の頃、兄がこういう系統の本を親に内緒で買っていたのがバレて、有害図書とみなされ盛大に廃棄されてましたよ!(笑) 
でもその中には『ムー』とかもあって、子供心に「それは捨てなくても大丈夫だよ。だってエクトプラズムとかUFOだよ!?」と思ってました(笑

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。