スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
web拍手 by FC2

鳥との思い出 パート2

2014-12-16 23:41




昔、実家で飼っていた猫が鳩を生け捕りにしてきたので逃がしてやろうと思ったのですが、
鳩好きなんですが、鳩好きなんですけども、あまりの臭さにビックリして
「鳩臭いっ、鳩臭いっ、鳩めちゃくちゃ臭いっっっ!!!!」って叫びながら逃がしてあげました。

鳩、可愛いですね♡
(本当に可愛いと思ってます( ・`ω・´))
スポンサーサイト
イラスト 合田シリーズ | Comments(2)
web拍手 by FC2
Comment
か、加納さ~ん!(違)
ひぃ!こんなオチが待っていようとは(笑)!
でも、猫さんがいる友人たちからは、いろんな話を聞いているので、そうだよね~って納得。あえて書かないけれど、やつら、実にいろんなものを狩ってきますよね。で、しっぽだけ残ってたり。(特に地元は田舎なんで種類豊富。)そして、それを自慢げに飼い主に見せびらかす猫さん・・・。きゃ~。

鳥を捕まえるときは、鳥のいる枝まで登るけれど、当然、鳥は逃げてしまう。でも、そこで、1時間でも2時間でも、石みたいに動かないでじっとしてるそうですね。そうすると、鳥はバカだから、猫だと思わず、また同じ枝に戻ってくる。・・・そこを、パク!!(友人談)
なんか、張り込みしてる雄一郎っぽいですよね(笑)。


猫の野性はすごいですよ!
小学生時代のトラウマはドングリに虫がわいたことなのですが(笑)、中学生時代のトラウマは、自分の部屋にスズメの羽と爪先が落ちていたことです…!

いまの飼い猫は完全室内飼いなのですが、昔住んでいた古いアパートではヤモリが頻繁に出没したため、どちらが早くヤモリを捕らえるかで必死にバトルしてました。
(私の場合は、もちろん猫からヤモリを救うためです)

それから、かなり奮発して購入したコートの袖に付いていたラビットファーを、購入した数日後にムシャムシャ食べられたこともイイ思い出です。
(動物愛護を訴えられのだと思うことにして、「ファー買ってゴメン…」と猫に謝りながら、少し涙ぐみました…)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。