スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
web拍手 by FC2

雑記

2014-12-05 22:57
明日は仕事のクライマックスなので口から内蔵が飛び出て裏返りそうな感じなのですが、昨日はNohtenkigengoレコ発ライブに行ってきました。
(本当は大事な仕事の前だったので我慢していたのですが、後輩に有休を取られてプチッとなりました)

初見のTaiko Super Kicksがよかったです。
ボーカルの男の子が遠藤周作に似ていて(特にメガネが)、ずっと「ちっちゃな遠藤周作が唄ってる…。ちっちゃな遠藤周作が…」と心の中で唱えてました。

私は遠藤周作と原民喜のツーショット写真を見る度にテンション(腐)があがるのですが…。
私だけか…。

とりあえず明日のために革靴を磨きます。(パンツはジーンズ)
家に帰るまでが遠足で、打ち上げを終えるまでがお仕事です。(イイこと言った。)
(私には「男が奢りたいときには奢らせとけばいいのよ」という名言もあります。(そんなに奢られたことない))

ゴルフボールの続きは後日。


スポンサーサイト
雑記 | Comments(2)
web拍手 by FC2
Comment
雲雀・・!
それは、遠藤先生が樹に登っているやんちゃな写真でしょうか?
丁度、日経新聞(日曜版)で、梯久美子さんが作家シリーズを連載してまして(「愛の顛末」というタイトルです♡)、原民喜さんを取り上げていました。
「ぼくはね、ヒバリです。ヒバリになって、いつか空に行きます。」
遺書に「去年の春はたのしかったね。では元気で。」
く~!(泣)
この人、すごく純粋ですよね。この世でやるべきことをやって、亡くなった奥さんのところに飛んでいってしまった。
遠藤先生、原さんを大切に守ってあげたいって、きっと思ってたよね。いやもう、私でさえ、そう思っちゃったくらいだから。(私は連載を読んだだけなので、梯久美子の手のひらの上でいいように転がされてるだけかも知れないけど(笑))
遠藤先生目線の、ほのかな腐は、アリです!


梯久美子さんナイス!
> それは、遠藤先生が樹に登っているやんちゃな写真でしょうか?
そう、それです〜!
ネットで検索すると、2人で道端でしゃがみこんで遠藤先生が「うふふ〜♡」ってなってるのとかもあります(←病気)

原さんの遺書は青空文庫で読めるのですが、遠藤先生に宛てたのは、その短すぎる遺書と2篇の詩なんですよね。
泣いちゃいますよ、もう。

でも、私は確か遠藤周作の著作は1册も読んだことがないので(苦笑)『ぐうたら交友録』くらいは読もうと思います…(※原さんのことに触れているらしいので)
(原さんの『夏の花』も読まなくてはいけませんね)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。