FC2ブログ

終わった…

2013-11-02 20:15



あ、世間一般では三連休ですかー。そうですかー(棒)
私は月曜出勤なのでこの風邪を明日中に治さねばゲホゲホ。


さてさて流血騒ぎで始まったサン毎LJのお取り寄せですが、半年かけてついに終了しました〜。
シーバスリーガル・ミズナラで乾杯です。うわーい。
風邪ひいてても美味いよ!

そして、図書館員さんに「やっと終わった…!」と思われたら困るので、すかさず雑誌版太陽〜の予約をしてきました。その次は新冷血です!
戦いは続くのでありますっ。頑張るのでありますっ。


今回は、サン毎LJで義兄弟的に特に気になったところをちょこっとだけ書いておきます。
ネタバレOKの方はどうぞ↓
 




■第26回
雄一郎は1994年夏に涸沢の雪渓でヴァイオリン独演会をして、義兄に「お前は崩壊している」と言われた。


■第32回
加納さんは肩凝り解消のため、昼休みにダンベル体操している。(可愛っ…!!!!)


■第56回
単行本で、雄一郎が普段はかけない電話を義兄にかけたシーン。
雑誌版では、義兄から「電話をくれ」というハガキが来ていたという設定になってます。
ゴルフをするようになった義兄を雄一郎が茶化すと、「おかげで自虐的快楽に浸っている」との返答が(!)
雑誌版でも加納さんの車はゴルフなのですが、このシーンでは新車の話は出てきませんでした。

そして多摩川でのピクニック。
トカゲのシーンの後、雄一郎は散歩に行ってしまいます。
残された加納さんと根来さんは歓談。加納さんは再び雄一郎のことを「崩壊」呼ばわり。


■第62回
「写真週刊誌に載ってた?」のシーン。
雑誌版のセリフは「週刊誌に載ってたな」で、「ネクタイで分かった」はなし。
単行本では知らない間に革靴を磨いておいてくれた義兄が、雑誌版では雄一郎の目の前で靴にブラシをかけ始めたため抗議される。


■第76回
城山さんが雄一郎にLJの電話番号を教えるシーン。
雑誌版では公衆電話からかけてくるのではなく、ファックスになってます。

そして加納さん。雄一郎が寝込んでる隙に部屋に入り込んで、さっさと風呂に入ります。
ジャガイモのソテーも「飢えてた」もないのですが、風呂に入ります。風呂に入ります。


■第99回
夫婦喧嘩で雄一郎が母の形見のヴァイオリンを叩き壊す回想シーンはここです。
(地どりに参加された方に尋ねられたので。)

加納さんは単行本では雄一郎のこと「君」と呼んでますが、雑誌版では「お前」。



■総括
3/4くらい読み進めても、義兄弟的にはほとんど色っぽい描写がないので(ヴァイオリンを弾きながら義兄のことを考える、とか)、「コレはもう絶対、神父さん出てこないよね!?」って思ってたら、ちゃんと神父さんも「クリスマスイブは空いているか」も出てきてびっくり。
当時読まれた方はさぞ驚かれたことでしょう…!!
スポンサーサイト



サン毎LJ | Comments(0) | Trackback(0)
web拍手 by FC2
Comment

管理者のみに表示