FC2ブログ

スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
web拍手 by FC2

お絵描きいやいや中です

2014-09-27 11:30
前回のネタの続きがあるのですが、お絵描きいやいやモードに突入したので停滞中です。
(普段からお絵描きするのあんまり好きじゃなくて、「よし描こう」とPCの前に座ってから実際にペンを握るまでに数時間かかります)
精神状態もあんまり良くないのですが、二つの部屋の押し入れの中身の総入れ替えを始めたのに、次から次へとそれ以外のことに手をつけるので、家の中がひっちゃかめっちゃです。
(あ、普通は「しっちゃかめっちゃか」なんですね。江戸っ子でもないのに、私は「ひっちゃかめっちゃか」派です。)


加藤守雄著『わが師 折口信夫』を図書館に予約しました。
腐女子の間では有名な本なのでしょうか?
amazonレビューにほんとに短い一文が紹介されているのですが、加藤くんがすてきですよ。
いや、加藤くんはホモじゃないんだけども。
これを読んで「折口センセー、やめてー! ストレートの弟子を襲うのやめてー! トラウマになるからー!!」って震えたいと思います。

あと先日、チャールズ・ディケンズについてちょっと調べていたら、古いモノクロ映画『大いなる遺産』に出ているジーン・シモンズがめちゃくちゃ美少女!というネットの書き込みを見たので、「ジーン・シモンズ」で画像検索してみたんですけどね、いやー、びっくりしました。
思わず「美少女じゃねえええええっっ!」ってマウスを壁に投げつけたくなる衝動に駆られました。
オチが分かっていた方は流石です。
どっちかというと私も好きな方なんですが、断じて美少女ではない。
スポンサーサイト
イラスト | Comments(0) | Trackback(0)
web拍手 by FC2

今年も私は一度も日焼け止め塗らなかったな…(遠い目)

2014-09-19 23:22



最初は日焼け止めをペタペタする雄一郎を描きたかったので、ローションパシャパシャじゃなくてローションペタペタにしておきました。満足。

季節の変わり目で完全に鬱のスイッチが入っていたのですが、少し正気に戻ったので久しぶりの更新です。
色塗りをする予定でしたが、明日仕事なので今日はもう寝ます…。
イラスト 合田シリーズ | Comments(5) | Trackback(0)
web拍手 by FC2

天然ってコワイ。

2014-09-10 02:08






買い直しを含めて、高野文子さん、清水玲子さん、梅図かずおさんの漫画を大量購入したので、もそもそ読書中です。(実家に放置していた漫画本は全部捨てられました)

高野さんの『黄色い本』は初読だったのですが、『チボー家の人々』を題材にしていたのですね。
『チボー家の人々』…やはり読まねばいけないのかしら…。
「命をかけてきみのものになる」で萌えねばならないかしら…。
高野さんは聡明な方なのだろうな、とは思っていたのですが、ご本人の写真を確認したら、お洒落でとても可愛らしくてなおかつ知性を感じさせる風貌で、うおおーとなりました。

清水玲子さんは小学校高学年のときにいちばん好きだった漫画家さんです。
ギャオで観た『秘密』のアニメがちょっと物足りなかったので、「清水さんはこんなんと違ったはず!」ということで原作を大人買いしてしまいました。原作では泣きました。
今でも絵柄がほとんど変わっていないのでびっくりしました。
描線うつくしい! カラーうつくしい! 
清水さんの描いたジャックとエレナがたぶん私の腐の原点です。
イラスト 合田シリーズ | Comments(0) | Trackback(0)
web拍手 by FC2

正確には、音楽隊に雇ってもらうためブレーメンを目指していた動物たちのお話

2014-09-04 03:39
高村先生が「ブレーメンの音楽隊」の再話を担当している『絵本・新編グリム童話選』を読みました。

私は今年の夏、一人静かに「フジロックって、富士山の麓でやってるんじゃないのかよっ!」という15年遅れのツッコミをしたばかりなのですが(無知って怖い)、まさか「ブレーメンの音楽隊、ブレーメンに辿り着かないのかよっ…!」というツッコミをすることになろうとは夢にも思っていませんでした。
あ、高村先生は悪くないです。最初からそういうお話なんですね。

グリム童話ということで、赤ずきんちゃんやラプンツェルなどが扱われているわけなのですが、高村先生が「ブレーメンの音楽隊」、皆川博子さんが「青髭」というところに、なんというか、編集者の采配を感じました。ある意味ものすごく分かりやすいというか。

「再話」がどれくらいの脚色が許容されるものなのか分からないのですが、私は阿川佐和子さんの「いばら姫」で結構笑いました。
お姫様をキスで目覚めさせるのが素敵な王子様ではなくグダグダな若者で、「ちょっと試しにお城に行ってみっか」みたいな感じで、チューも偶然唇が触れちゃったよオイ、みたいな感じで、グッダグダでおもしろかったです。

19世紀ヨーロッパのきれいな挿絵が使用されているのですが、ムック本のため絵本としては装丁がイマイチなのが残念でした。






今夏いちばん楽しみにしていた吉田ヨウヘイGroupのライブ。

イラスト | Comments(4) | Trackback(0)
web拍手 by FC2

敢えて

2014-09-02 03:25


大学の研究室には結構高級な食べ物が置いてありますが、ハーゲンダッツなどではなく敢えてスーパーカップを推したいと思います。

(山田助教授はマークスのときから好きなのですが、風貌に関する記述は覚えてません、すみません。何となくおデブキャラにしたい願望もあるのですが…)





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
拍手コメントのお返事はたたんでおります ↓
Read more
イラスト 合田シリーズ | Comments(0) | Trackback(0)
web拍手 by FC2
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。